ニュース

2022.1.17

《ノックオンザドア×mina family×ミツフジ×豊島》 小児てんかん患児向けデバイス開発プロジェクトについて ~2022年1月よりPoCを開始~

ノックオンザドア株式会社(代表取締役:林泰臣、東京都新宿区)、一般社団法人 mina family(代表理事:本田香織、大阪府大阪市東成区)、ミツフジ株式会社(代表取締役社長:三寺歩、京都府相楽郡)、豊島株式会社(代表取締役社長:豊島半七、名古屋市中区)の3社1団体は、てんかん患児のバイタルデータを取得し、アプリ内のデータと合わせて分析することで、患児やその家族の心理的・身体的負担の軽減に繋げていくことを目指す小児てんかん患児向けデバイス開発の共同プロジェクトをスタートいたします。またこのプロジェクトのPoCを2022年1月より開始します。

小児てんかん患児向け デバイス開発共同プロジェクトについて

てんかん患児家族は、外部環境や患児の健康状況など、日々発作に関連する多くの要素を気にしながら生活しています。今回のプロジェクトではミツフジ株式会社が提供するスマートウェアを使ったソリューション「hamon(ハモン)」により患児のバイタルデータを取得し、ノックオンザドア株式会社が提供するアプリ「nanacara(ナナカラ)」を通じて患児の健康状態をより簡単に正しく記録・共有できる状態を目指します。そして、そのデータを分析・解析することで、家族も気づくことのできなかった発作の検知を目指してまいります。患者やその家族の心理的・身体的負担を軽減するとともに、本プロジェクトにより収集したデータをてんかん医療の発展に役立てていくことを目的としています。また、一般社団法人mina familyは患児家族のネットワークを通じたプロジェクト参加者の募集、サービスやデバイスに対するフィードバックを行い、豊島株式会社は自社の持つ繊維の川上・川中・川下のネットワークを活かし「ウェア」の開発・製造をサポートしてまいります。

3社1団体共同で、てんかん患児およびご家族にご協力いただきながら、このプロジェクトのPoCを2022年1月より開始します。

nanacara(ナナカラ)とは

てんかんをお持ちの方とそのご家族が、服薬状況や発作頻度など日々の記録を共有・管理ができるアプリです。ワンタップですぐに記録を開始することができ、動画やタイマー、メモなどの詳細な発作記録も可能となっています。

記録した内容は、nanacaraに対応した医療機関の医師に対してスムーズに共有することが可能となります。

hamon(ハモン)とは

「ウェアラブル端末」「トランスミッター(送信器)」、情報を受け取る「スマホアプリ(情報を受ける)」「生体情報の解析(アルゴリズム)」「遠隔モニタリング(管理画面)」などのすべてを含めたサービスです。独自技術で研究開発した銀めっき導電性繊維がセンサーになったウェアで着用者の心拍データを取得し、独自のアルゴリズムで分析をすることで、体の状態を可視化することができます。

ノックオンザドア株式会社

2018年7月に創業した、難病患者・家族向け支援プラットフォーム事業を主としたベンチャー企業。

IT企業でエンタテインメント、ヘルスケア事業を経験してきた代表の林と、製薬会社で開発・マーケティングを経験してきた高山にて創業。「患者家族と時を過ごし、学び、共に創る」を理念とし、第一弾としててんかん患者家族と共に創る「nanacara(ナナカラ)」を2020年3月にリリース。

一般社団法人 mina family

2018年7月に創業した、難病患者・家族向け支援プラットフォーム事業を主としたベンチャー企業。

「病気や障害のある子どもとその家族をしあわせに」をスローガンに、病児・障害児との暮らしに必要な商品の開発やイベントの開催、「子ども用車いす(福祉バギー)」啓発活動などを展開。当事者たちの声を受けて自治体・行政への陳情なども行っている。

https://www.mina-family.jp/

ミツフジ株式会社

2018年7月に創業した、難病患者・家族向け支援プラットフォーム事業を主としたベンチャー企業。

業務内容:ウェアラブルIoT製品向け銀めっき導電性繊維“AGposs(R)”、“AGfit(R)”、ウェアラブルIoT製品“hamon(R)” およびhamon AG製品の開発、製造、販売

特徴:独自技術で開発した“AGposs(R)”を使用したスマートウェアによる、連続した正確な生体データの取得・分析ができるアルゴリズム開発、および生体データを活用したソリューションを提供

https://www.mitsufuji.co.jp/

豊島株式会社

1841年創業。180年の歴史の中で、時代の変化に応じて事業領域を拡大。現在では世界各地から原料・糸・生地の買付け・販売や、最終製品の企画から生産管理、納品まで一連のプロセスを手掛けファッション産業のあらゆる過程において総合的に事業を展開しています。また、持続可能なライフスタイル提案企業としてさまざまなサステナブル素材の開発と提供、そしてテックベンチャーへの投資やスマートウェアの開発を推進しています。2019年より、「MY WILL(マイ・ウィル)」をステートメントとし、サステナブル&テクノロジーに対する当社の姿勢を打ち出しています。

https://www.toyoshima.co.jp/

2021.12.16

てんかん診療をICTでサポートする患者・家族向けアプリ「nanacara」が、1万ダウンロード突破ありがとうキャンペーンを実施!

 

思い出に残る家族時間が過ごせる 体験ギフトカタログをプレゼント

ノックオンザドア株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:林泰臣、以下ノックオンザドア)が提供するてんかん患者・家族と作るスマホアプリ「nanacara(ナナカラ)」は、2021年12月にお陰様で1万ダウンロードを突破いたしました。

nanacaraは延べ200名を超える患者ご家族・医師の方々から座談会やアンケートを通じて意見をいただき2020年3月にリリースしました。その後もより良いサービスにするために、患者・ご家族のご意見をいただきながら、共に改善を続けています。また、「医師とつながる」ためのサービス「nanacara for Doctor」を同年10月にリリースし、こちらも医師の皆様のご意見を反映し続け、現在84医療機関(※2021年12月現在)にご導入いただいております。

この度、1万ダウンロードが達成できたのも、多くの声やご支援をいただけた結果であり、nanacaraに関わってくださったすべての方のご厚意へのささやかながらの恩返しと共に、これからnanacaraを知り、応援いただけるすべての方へ向け、nanacara 1万ダウンロード突破ありがとうキャンペーンを公式SNS上にて12/16(木)10時より実施致します。

今後nanacara公式SNSでは最新情報の発信はもちろん、てんかんの診療や日々の生活をより良いものにしようと活動されている皆様や団体の情報をお届けすること、そして今まで以上に皆様の声をお聞きしながら、皆様と楽しめるSNS上でのイベントなども行って参ります。SNSを通じてもっと皆さまとの交流を深めていけたら大変嬉しく思いますのでご参加をお待ちしております。

ノックオンザドアは、今後もnanacaraの輪を広げ、てんかん診療の向上、生活の向上にお役立てるよう活動を行ってまいります。

【nanacara 1万ダウンロードありがとうキャンペーン概要】

▼参加方法

nanacara公式SNSをフォロー&該当の投稿にいいね を押してください。
なお、全SNSをフォロー&いいね をする事で当選確率もアップします。

該当nanacara公式SNSは下記になります。

Twitter(@nanacara5

Facebook(@nanacaraappli

Instagram(@nanacarajp

▼応募期間

2021年12月16日(木)10:00~2022年1月10日(月)23:59まで

▼当選発表

2022年1月11日(火)~2022年1月14日(金)に各公式アカウントからDM送付

▼応募における注意事項

※なりすましアカウントからの当選DMにご注意いただきますようお願いいたします。

※お申込みは1家族あたり3名様まででお願いいたします。4名以上のお申込みをされますとすべてのお申込みが無効になりますので、ご注意ください。

※個人情報に関しては、本施策及び弊社からの情報提供のためのみに利用をし、それ以外の目的では利用いたしません。

2021.10.20

てんかん診療をICTでサポートする患者・家族向けアプリ nanacara(ナナカラ)が「2021年度グッドデザイン賞」を受賞 ―患者ご家族と共に創り、利用者が余裕を持って状況を見守れると評価―

ノックオンザドア株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:林泰臣、以下ノックオンザドア)が開発・運営する、患者ご家族や医療関係者と共に創るてんかんの発作記録アプリ「nanacara(ナナカラ)」が、公益財団法人日本デザイン振興会の主催する「2021年度グッドデザイン賞」※を受賞しました。

nanacaraは、延べ200名を超える患者ご家族・医師との共創により、2020年3月にサービスを開始したスマートフォンアプリケーションです。リリース後も対話を重ねながらバージョンアップを続け、利用者にとって一番使いやすいデザイン(企画から検証まで)を一緒に創り上げてきました。今回の受賞に際しても関係者との丁寧なワークショップや議論を通じて生み出された点や、家族や関係者が余裕を持って状況を見守ることに寄与している点など、関わってきた患者ご家族や医師、そしてノックオンザドアが大切にしてきた点が評価されての受賞となりました。

受賞の詳細は以下からご覧ください。

受賞ページURL:https://www.g-mark.org/award/describe/52791?token=MhD7WuPRkj

※グッドデザイン賞は、1957年に創設された日本で唯一の総合的なデザイン評価・推奨の仕組みです。デザインを通じて産業や生活文化を高める運動として、国内外の多くの企業やデザイナーが参加しています。これまでの受賞件数50,000件以上にのぼり、受賞のシンボルである「Gマーク」は、よいデザインを示すシンボルマークとして広く親しまれています。(https://https://www.g-mark.org/

【デザインを実現した経緯とその結果】

患者さんやご家族の困りごとの何に対して、どんなサービスを提供することが一番大切か?それは実際に誰がどんな場面でどのように使うことが良いのか?を、患者・ご家族とチームを創ることで、常に企画・開発チームでも意識できる環境を構築しました。 特にワークショップのヒアリング時には、患者ご家族は、突然の発作、短い診察時間、発作の状況の確認をどんなことをポイントと考えているかを教えていただき、 発作と一緒に生活するために必要な機能をデザイン・実装していきました。 その結果、突然の発作であっても予め登録した症状としてすぐに記録できる「ワンタップ記録」や、医師等の関係者に患者の様子を動画とメモを時間経過と共に記録する「動画記録」などを開発し、日々ご利用いただいています。リリース後1年半で、約11,000ダウンロードを達成、月間アクティブ率は、48.6%※と高い利用率を実現しています。※情報はいずれも2021年8月時点のもの

【評価されたデザインのポイント】

1.突然のてんかん発作時にもワンタップで動画記録を開始でき、タイマーやメモによる詳細記録が可能。

2.ワンタイムパスワードによりてんかん発作の動画を医師と共有でき、短時間でより正確な診療が可能。

3.服薬と発作回数、体調の推移が、患者ご家族専用のカレンダーにより一目でわかる。

【グッドデザイン賞審査委員の評価コメント】

前兆なく起きるてんかん発作の時の行動を、関係者との丁寧なワークショップや議論を通じて分析し生まれたサービス。立ち上げた瞬間にタイマーが始まるなど、通常のサービスならばステップを踏むところを、目的に応じて省略。とっさのときの心理的負担を減らすことで、家族や関係者が少しでも余裕を持って状況を見守ることに寄与していることが評価された。

2021.7.29

医療的ケア児支援法におけるポイントや課題等の解説動画を公開しました

いつもnanacaraのご利用、ご支援をいただき、誠にありがとうございます。

2021年6月11日に「医療的ケア児※及びその家族に対する支援に関する法律(医療的ケア児支援法)」が可決され、同9月18日から施行される予定です。
このたび、同法の成立にご尽力された、ウイングス医療的ケア児などのがんばる子どもと家族を支える会 代表 本郷朋博さん、国立成育医療研究センターもみじの家ハウスマネージャー 内多勝康さんにご協力いただき、「インクルーシブ社会は実現するか~医療的ケア児支援法成立と今後の課題~」と題し、解説動画を作成させていただきました。

内多さんの司会進行の下、本郷さんが同法の意義や課題等についてわかりやすく解説してくださいました。ぜひご覧ください。

動画(約27分)は以下からご覧ください

または、こちらからもご覧いただけます(外部サイトに移行します)

https://youtu.be/v2cQwnffHQo

このような解説動画作成の機会をくださいました、内多さん、本郷さんに心より感謝申し上げます。

※医療的ケア児とは、「日常生活及び社会生活を営むために恒常的に医療的ケア(人工呼吸器による呼吸管理、喀痰吸引その他の医療行為)を受けることが不可欠である児童(18歳以上の高校生等を含む。)」とされています。

2021.6.25

テレビ朝日 朝のインターネット報道・情報番組「ABEMA Morning」でnanacaraが紹介されました

インターネット番組「ABEMA TV」のニュースチャンネル「ABEMA News」内、朝の報道・情報番組「ABEMA Morning」でnanacaraが紹介されました。詳細は以下、テレビ朝日のサイト等からご覧ください。 引き続き、一人でも多くのてんかん患者ご家族のサポートができるよう、活動を続けていきます。

【テレビ朝日ニュース】

https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000220444.html

【youtube】

https://youtu.be/BEngVUGgsQk